体外受精・顕微授精

体外受精・顕微授精について

なるべく早くお子様が欲しい、長年お子様ができない、卵管通過障害、
精子減少症、子宮内膜症の方などへ

体外受精

  • ・卵巣から卵⼦を取り出し、体外で受精させ、⼦宮内へ戻す治療法です。
  • ・本来の卵管の働きを体外で⾏っていく⽅法になります。
  • ・タイミング指導や⼈⼯授精を4~5回行っても妊娠に⾄らない場合は、卵管機能障害などを疑い、体外受精を考えていきます。
  • ・ほとんどの不妊原因を軽減、払拭できる治療であり、妊娠率も⾼く、最⼤限の治療法と言えます。
  • ・1周期で受精卵を移植することができれば、30~60%の妊娠率が期待できます。

顕微授精

採卵後に卵⼦の中に精⼦を⼀つ顕微鏡下に注⼊して、受精させる⽅法です。

体外受精の流れ

01

採卵まで

  • ・基本的には、⽣理が来た時点で⽅針を決めていきます。次の観点で決めていきます。 ・薬をほとんど使わない⾃然周期の採卵か/薬を使って複数の採卵を⽬指すか ・すぐに移植したいか/凍結でよいか、など
  • ・AMHなどを考慮、どの刺激がよいかなどもご提案します。
02

採卵

  • ・卵巣で育った卵胞に針を刺し、吸引し、卵⼦を体外に取り出します。
  • ・⿇酔の方法についても、ご相談のうえ決定します。
03

受精

  • ・体外に取り出した卵⼦と精⼦とで受精をさせます。
  • ・方法には次の2つがあります。どちらにするかは、ご相談のうえ決定します。 ・卵⼦と精⼦を⼀緒の培養液に⼊れ、⾃然に卵⼦の中に精⼦が⼊るのを待つ通常の体外受精 ・顕微鏡下に精⼦を卵⼦の中に注⼊する「顕微授精」
  • ・顕微授精について、当院では紡錘体を確認し、精⼦を強拡⼤するIMSI※1も⾏っています。
  • ・良好な受精率が期待できる、ピエゾ※2を⽤いた優しい顕微授精も⾏っています。
  • ※1 IMSI; Intracytoplasmic morphyologically selected sperm injection 。
    超高倍率で精子を観察し、良好な精子を選び、顕微授精に用いる方法です。
  • ※2 ピエゾ:PIEZO-ICSI。先端が平らな針を使用し、細かい振動により卵細胞膜を穿破して精子を入れる手法。
    卵子に与えるストレスが従来の方法より小さく、卵子細胞膜が脆弱などの場合に有効です。
04

培養

受精した卵は、全例タイムラプス培養器※で培養します。

  • ※タイムラプス培養器:培養中の卵を一定時間ごとにカメラで撮影、分割していく様子をモニターで観察する培養器のこと。
    受精卵を培養器外に出すことなく成長観察が可能なため、受精卵への負担が軽減されます。
05

胚移植

  • ・受精卵を⼦宮内へ⼊れる胚移植には、「新鮮胚移植」と「凍結胚移植(下記参照)」があります。
  • ・状況により、採卵後すぐに移植しない⽅法などについてもご説明します。
  • ・凍結の場合は、採卵の次の周期以降に移植となります。
06

妊娠判定

妊娠判定は、胚移植してから採⾎で⾏っています。

胚凍結について

  • ・1回の体外受精で複数個の受精卵が得られた場合、余剰胚を凍結することを胚凍結と言います。
  • ・胚凍結を行うメリットは次の通りです。 ・多くの卵から受精卵を⾒て選択できる ・卵、受精卵を凍結できることで、移植の時期を柔軟に考えることができる ・凍結することで、副作⽤に対する安全性が⾼まる ・年齢が若いときに複数の受精卵を凍結できると、若いときの受精卵を2⼈⽬以降にも使うことが可能 ・妊娠率を上げる可能性がある ・移植⽅法の選択肢が広がる ・何度も採卵しなくても治療が可能なため、少ない採卵回数で治療できる
  • ・複数の採卵をした場合、初期胚(採卵して2〜3⽇⽬の受精卵)での凍結と、胚盤胞(採卵して4〜7⽇⽬)での凍結を行い、どちらでも移植を⾏うことを⽬指します。
  • ・初期胚は「その後は⼦宮に育ててもらう」という考え⽅。胚盤胞は「体外で胚盤胞になった=よい受精卵と確認してから移植する」考え⽅です。
    移植の時期を変えることで、結果が異なる可能性が生じます。

排卵誘発について

以下の場合に排卵誘発剤を使用することがあります。

・排卵がない 
・ホルモンの状態が悪い 
・排卵まで⻑い 
・⻩体期が短い

誘発剤には、内服薬と注射があります。

内服薬: 通常⽣理の3〜5⽇⽬から数⽇間服用します。
注射 : ⽣理の3〜8⽇⽬ごろから毎⽇、あるいは1⽇おきに⾏います。 ※⾃⼰注射もあり
  • ※注意:以下の2つの⼤きな副作⽤が伴います。
  • ・多胎妊娠(双子、三つ子などの妊娠):⾃然で1% 、内服で3〜5%、注射で10〜15%の多胎率となります。
  • ・卵巣過剰刺激症候群:卵巣が腫れ腹⽔が溜まり、⾎栓症などが⽣じる可能性があります。重症になると⽣命に関わるため、⼊院が必要となります。